未分類

未分類

転職活動を今の仕事と同時進行させる人が多いです。

転職活動と現職の同時進行を行う人が多いです。とはいっても、仕事をしながら求人情報をチェックして応募したり、面接に臨むのは精神も肉体も負担が大きいといえるでしょう。加えて、転職活動中は、それを同僚や上司に隠す必要があります。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、仮に、書類選考をパスし、面接の段になって辞退すれば厄介な事態となるかもしれません。
未分類

転職活動をする際の最後の問題として、現在の会社の退職があります。

転職活動を行う上での最後の難問として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先から採用の内定を得ても、現在勤務中の会社が、あなたを離したくないと慰留してくる可能性があります。そういったケースでは、「何を言われようとも絶対に退職する」という強固な気持ちを保つことが大切です。
未分類

失業したときに給付される失業保険は、失業状態でない人はもらえません…

失業することによって得られる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、給付期間が失業している限り延々と続くわけではありません。失業時までに働いていた期間によって異なり、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、この事実を知らない人がいたりします。失業中である限り給付されると思い込んで「失業保険が給付される間は遊びに使う」という人を見かけますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから大急ぎで転職活動を始めても好条件の仕事を探すのは困難です。
未分類

職を変えると、高い確率でそれまでの仕事のたいていの記憶は美化されます。

職を変えると、大体の場合、それまでの会社の仕事はは美化されるはずです。実際のところ現在の職に不服があるから、そういった思いをクリアするために思い切って転職することになったのに、昔を思い返すとなぜか転職した会社よりも「前職のほうがマシだった」と思うことは多いです。
タイトルとURLをコピーしました