未分類

未分類

失業したときにもらえる失業保険は、失業状態でない人はもらえません…

失業したときに給付される失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが、給付される期間が決まっています。それまで勤務してきた期間によって変わり、3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、世の中にはこの事実を知らない人がいたりします。永久にもらえると思い込んで働けば失業保険がもらえなくなると考えて求職活動をしない人もいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから焦って就職先を探し始めてもうまくいく可能性は低いでしょう。
未分類

仕事を変えた場合には、だいたいの場合は以前の会社の仕…

職を変えた場合には、高い確率で前職の多くは美化された記憶となります。本来は現在の仕事内容に合意できない点があるから、次の仕事を探してやっと再就職を決意したはずなのに、過去を振り返るとどうしてかわからないけれど新しい会社よりも「前の仕事のほうが良かったかも」と思う機会が増えてきます。
未分類

転職活動を始める際に次の仕事をする前に期間があるのなら…

今年中に転職される人で次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、忘れずに「失業手当」をもらっておきましょう。失業手当は会社側がしっかり「雇用保険」を払っているのなら、申請をすればだれでももらえます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、勤めている会社都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐもらえる場合があります。
未分類

自らに見合ったものを冷静に…。

生涯で一番大きな買い物である住宅ローンや自動車関係のローン等と比較した場合、消費者金融会社からの借り受けは、高い金利を支払わなければならないように思える可能性がありますが、実のところそんなことはないのです。金融会社からの初の借り入れで、金利...
未分類

新しく就いた仕事でそれまでに身に付けた実力を最大限に活用できれば・・

新しく就いた仕事で今までに身に付けた実力をフル活用できれば、即戦力として周囲から扱われ、すぐに職場で存在感を得られるでしょう。人を雇おうとしている会社サイドも、そのような人材は常に必要なので、タイミングさえあえば、すんなりと採用されるでしょう。更に過去の業務内容と似た仕事内容なら転職はかなり楽になるでしょう。
未分類

転職の際に必須となる企業の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのですが…

転職を成功させるための採用面接でのしてはいけないのは採用を勝ち取りたいあまり無理に猫かぶりは、残念ながら悪い結果を招くおそれがあります。そんな事態を避けるためには猫をかぶるよりも面接の際は「給与制度」などの、多数の人が触れにくい内容を勇気を持って率直に尋ねておいた方が、絶対にあなたのためになります。
未分類

もしも転職することが、今の会社の人たちがあなたが退職すると知ってしまう・・

もし再就職の前に、今勤めている会社の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の空気が一変するかもしれません。普段から良好な場合であれば、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。それだけでなく、残業時間を意図的に増やされてしまうことも考えられるので、うかつに「転職します」と周囲に伝えるのは考えものです。
未分類

自身のスキルをふまえて再就職を検討しているなら、再就職しやすい業界と・・

今あるスキルや資格を有効活用しつつ、就職活動を考える際は、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種とそうでないものを理解しておきましょう。すんなりと転職がかなう職種としては、慢性的に人材不足がいわれている医療や介護系の業種がとても有名ですね。医療・介護の職種では看護師および介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが若干高いのも転職しやすさの拍車を掛けています。
未分類

今日はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、…

最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社も増えてきました。「特許」を出した人などは、直後に彼らから電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。彼らは、特許を出願した人に限らず、研究開発で論文を提出したことのある人や、テレビ・雑誌などの「マスコミ」に出演した人など、何らかの実績も持つ人を対象に、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングするネタにしています。
未分類

転職活動を今の仕事と並立して進行させる人が多いです。

転職活動を今の仕事と並立して進行させる人が多いです。けれども、仕事をしつつ求人を調べて、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神面も肉体面もハードだといえます。転職活動中は、今の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。先のことを考えずに応募する、という人がいますが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接の段になって辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。
タイトルとURLをコピーしました