未分類

未分類

新しい環境下で今までに培われてきたキャリア・スキルを生かせた・・

新たな職場で自身の過去の資格やキャリアを活かせられれば、即戦力として迎えられ、割と早く仕事場で存在感を得られるでしょう。人を募集している雇い主もそのような人材は常に必要なので、採用側が判断しても即戦力となる転職はすんなりと採用されるでしょう。しかも、過去の仕事と同じ内容であれば転職自体、苦もなく叶えられるでしょう。
未分類

転職先での会社での面接でのよく思い違いがあるので・・

転職の際に必須となる企業の面接に関して、勘違いしている人が多いのですが度を超えた猫かぶりしていると、それがそのまま不採用に直結してしまいます。そうならないために猫をかぶるよりも面接時は、「有給取得率」など、通常ならちょっと聞きにくいことも思い切って質問しておいた方が、絶対に自身のためにもなります。
未分類

キャッシングの件を比較したいなら…。

キャッシングの件を比較したいなら、間違いなく質のいい消費者金融比較サイトで検索してください。少なからず、反社会的な消費者金融業者を何気ない風で掲載する怖いサイトも存在します。低い金利のところだとそれに応じて負担額も減るということですが、お金...
未分類

転職する前には、今の会社の人たちがそのことを知ってしまうと、…

もし転職前、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知ると状況が悪くなる可能性があります。労働環境によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。また、意図的に超過勤務をさせられることもあるので、むやみに「転職します」と周囲に言うのはあまり良いとは言えません。
未分類

今あるスキルが有利にはたらくように再就職を考える際は…

今の自分のスキルを活かしつつ、就職活動する際は、転職がしやすい業界と、そのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を前もって理解しておきましょう。再就職しやすい業界は、人材不足が社会問題にまでなっている医療・介護業界が最たる例です。医療・介護は、それぞれ看護師・介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。
未分類

最近はネット上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティング会社も増加しています。

近年、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、「ヘッドハンティング」の専門会社も増えています。あなたに特許を出した経歴があるなら、彼ら(ヘッドハンティング会社)から電話が掛かってきやすいという話をご存知ですか?ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人以外にも、研究開発で論文を発表したことのある人や、メディアによって注目を浴びた人など、何らかのインパクトを残した人を対象に、電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティングのためのネタとしています。
未分類

転職活動を今の仕事と同時進行させる人が多いです。

転職活動と現職の同時進行を行う人が多いです。とはいっても、仕事をしながら求人情報をチェックして応募したり、面接に臨むのは精神も肉体も負担が大きいといえるでしょう。加えて、転職活動中は、それを同僚や上司に隠す必要があります。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、仮に、書類選考をパスし、面接の段になって辞退すれば厄介な事態となるかもしれません。
未分類

転職活動をする際の最後の問題として、現在の会社の退職があります。

転職活動を行う上での最後の難問として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先から採用の内定を得ても、現在勤務中の会社が、あなたを離したくないと慰留してくる可能性があります。そういったケースでは、「何を言われようとも絶対に退職する」という強固な気持ちを保つことが大切です。
未分類

失業したときに給付される失業保険は、失業状態でない人はもらえません…

失業することによって得られる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、給付期間が失業している限り延々と続くわけではありません。失業時までに働いていた期間によって異なり、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、この事実を知らない人がいたりします。失業中である限り給付されると思い込んで「失業保険が給付される間は遊びに使う」という人を見かけますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから大急ぎで転職活動を始めても好条件の仕事を探すのは困難です。
未分類

職を変えると、高い確率でそれまでの仕事のたいていの記憶は美化されます。

職を変えると、大体の場合、それまでの会社の仕事はは美化されるはずです。実際のところ現在の職に不服があるから、そういった思いをクリアするために思い切って転職することになったのに、昔を思い返すとなぜか転職した会社よりも「前職のほうがマシだった」と思うことは多いです。
タイトルとURLをコピーしました