転社を繰り返さないための術が一つだけあります。

転社を繰り返さないためには、少しコツがいります。

転職を繰り返さないための術が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在はネットもあるので、精神面を鍛えるための自己啓発系の情報は容易に拾えます。さらには、転職とは全く異なる行動によっても、メンタル面を鍛えることができます。その典型例がズバリ「外国に行くこと」です。外国は、言葉も文化も日本のそれとは全く異なるので、すべてのことが良い刺激となります。なので、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。帰国すると、己の視野の狭さを実感し、「世間の小ささ」というものをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え、(転職のための)面接に向かうと、これまでの面接とは比べ物にならないほどに胸を張った面接になるので良い方法です。ですが、退職間もないあいだは、精神的に弱っていることが多いので、休業期間も必要です。

転職の時にする面接での身なりは企業側からクールビズでも大丈夫ですよ…

再就職の面接に関してですが会社側からクールビズで良いとと事前に言われる時もあります。ですが、クールビズの格好で面接するのは実際は社会人として常識に欠けるのでは?と思ってしまいます。そのような思いを心に持っている人に関しては、クールビズでも良いとされている面接のときは言われた内容を守った方が正しいです。色々迷って、猛暑の中スーツを着用すると暑苦しいと思われます。ですから、企業側からクールビズでお越しくださいと言われたらクールビズで構わないのです。

将来、労働力という観点においてみるみるうちに単純作・・

今後、私たちの労働環境においてぐんぐんと単純労働は機械化が発展していき当然のことながら必要な労働人口は少なからず減っていきます。なぜなら、単純な仕事は人の手を借りるよりも機械で作業するほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。数をカウントするとか、同じ手順をリピートしたりすることは機械では当然何も不自由もありません。当たり前のことながら人と違って泣き言も言わない、疲れないし、ズルもしないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できる強みもあります。付け加えて、報酬も発生しないのです。こういったことから、人を使う理由がまったくなさすぎます。機械化の流れは無理もありません。

勤務していた会社でパワーハラスメントを行う上司に悩まされ…

新卒で採用された会社で意地の悪い上司に悩み、我慢できずに退職し、同じ畑の他社に転職をしました。その会社では気分よく仕事ができて満足のいく日々でしたが、ちょっとずつ会社の売上が悪化し、最後にはある会社に経営統合されることになりました。その経営統合した先の会社が驚くなかれ前に勤務していた会社で、ものすごく嫌いだった上司が再び私の上司になることになりました。まったく困ったことになりましたが、どれほど縁があるのでしょう。当たり前ですがまた転職をしようと活動を始動しています。

かつては割とたくさんの人材紹介会社に登録していました。

転職を考えていた時期にかなりいくつかの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職アドバイザーのレベルも色々あってそのほとんどが不満足を感じる人ばかりでした。私にとっては人生の大事な事なことだからもっと心して向き合ってほしいという願いが積もって、それが契機となり私はキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。資格の取得は支出が増えましたし勉強面に関してもとても大変なわけですが、お仕事を探している方からあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえる人になるために努力しています。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメント

タイトルとURLをコピーしました